無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

家政婦のミタ #3

家政婦のミタ #3

【#3】
 妻・凪子の死が自殺だということを、子供たちにずっと隠しておこうと決めた恵一(長谷川博己)。彼は三田(松嶋菜々子)に、凪子の遺書と離婚届を燃やしてほしいと頼む。三田が火を点けようとしたそのとき、結(忽那汐里)が現れた。恵一と三田のやりとりを聞いていた結は、凪子の死の真相を知ってしまったのだった。結に責められた恵一は、自分が会社の部下と不倫をして凪子に離婚を切り出し、凪子から遺書を渡されていたと打ち明ける。結は衝撃を受け、激しく怒りをぶつける。
 精神的に不安定になった結は、学校で男子にからかわれてケンカ騒ぎを起こす。心配したうらら(相武紗季)が話を聞こうとするが、結は口を閉ざす。自分の気持ちを誰にも話すことができず苦しむ結は三田に、恵一の会社に行って不倫相手について探ってきてほしいと頼む。しかし、三田に「あすは休日だから」と断られた結は自分で会いに行くことに。
 翔(中川大志)、海斗(綾部守人)、希衣(本田望結)は、謎めいた三田の正体が気になり、三田を尾行することに。すると、三田が向かったのは、意外な場所だった。
 翌日、結は、「父の不倫を会社にばらして」と三田に頼む。すると、三田は恵一の会社に出向き、とんでもない行動に出る…。

“笑わない”“こびない”ロボットのようなミステリアスな家政婦を松嶋菜々子が演じる異色のホームドラマ。母親を突然亡くして、崩壊寸前のある家族を完璧な家事と無感情な荒療治で救っていいく。そして、家政婦・三田自身にも失われた感情が戻ってくる…?

【キャスト】
松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季、忽那汐里、中川大志、綾部守人、本田望結、野波麻帆、佐藤仁美、平泉 成、白川由美

【スタッフ】
脚本:遊川和彦
音楽:池 頼広
チーフプロデューサー:田中芳樹
プロデューサー:大平 太、太田雅晴(5年D組)
演出:猪股隆一、佐藤東弥、石尾 純、日暮 謙
制作協力:5年D組
製作著作:日本テレビ

» ご希望の作品が見つからない場合