無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

家政婦のミタ #6

家政婦のミタ #6

【#6】
 阿須田家の子供たちは祖父・義之(平泉成)から養子になるよう、強く言われる。困惑する翔(中川大志)と海斗(綾部守人)は結(忽那汐里)に、父・恵一(長谷川博己)に会いに行こうと提案。しかし結は聞き入れようとせず、ケンカになってしまう。子供たちは三田(松嶋菜々子)に助けを求めるが、三田は「家族の問題に意見を言うつもりはない」と冷たく突き放す。
 そんな中、仕事中の恵一の前に三田が現れる。三田は翔と海斗に頼まれ、養子の件はどうするつもりなのかを恵一に確かめにきたのだった。しかし、父親としての自信を失っている上に美枝(野波麻帆)への未練もある恵一は、子供たちに伝えるべき言葉が見つからなかった。阿須田家を心配するうらら(相武紗季)は、結と義之を会わせて話し合いの場を作る。しかし結は、強引な義之に反発して話し合いは決裂。家に帰った結は、三田が恵一と会ってきたことを知る。自分たちに何の伝言も残さなかった恵一に対して怒りを覚える結。弟たちから、これからどうするのかと迫られた結は、ヤケになって「勝手にすればいい」と言い放つ。 重くのしかかる家族の問題から逃れたい結は、拓也とともに家出を決意する。
 しかし、待ち合わせをしたはずの場所に拓也は現れなかった。拓也にも裏切られて絶望した結は三田に、私を殺してほしいと頼む。三田「承知しました。」 三田は、結に向かって刃物を振り上げ…。

“笑わない”“こびない”ロボットのようなミステリアスな家政婦を松嶋菜々子が演じる異色のホームドラマ。母親を突然亡くして、崩壊寸前のある家族を完璧な家事と無感情な荒療治で救っていいく。そして、家政婦・三田自身にも失われた感情が戻ってくる…?

【キャスト】
松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季、忽那汐里、中川大志、綾部守人、本田望結、野波麻帆、佐藤仁美、平泉 成、白川由美

【スタッフ】
脚本:遊川和彦
音楽:池 頼広
チーフプロデューサー:田中芳樹
プロデューサー:大平 太、太田雅晴(5年D組)
演出:猪股隆一、佐藤東弥、石尾 純、日暮 謙
制作協力:5年D組
製作著作:日本テレビ

» ご希望の作品が見つからない場合