無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

TBSオンデマンド「スペシャルドラマ『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』 第1夜」

TBSオンデマンド「スペシャルドラマ『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』 第1夜」

今から70年前の日本に、自らの意志で戦地に旅立った女性たちがいた。1931年、佐賀の女学生・天野希代(松嶋菜々子)は、入院していた母・絹江(浅茅陽子)を看護した看護婦に憧れ、その夢を目指していた。そして“女性でも国の役に立ちたい”という思いから、従軍看護婦になることを決意する。厳しい訓練に耐え、看護婦養成所を卒業した希代は赤紙を受けて、家族や後輩・馬渕ハル(高梨臨)らに見送られながら満州(中国)に渡る。しかし待っていたのは、赤十字の信念「博愛の精神」とはかけ離れ、銃弾が飛び交い、常に命の危険に晒された過酷な環境だった。毎日多くの負傷兵の看病をしていたある日、満州開拓団の中川亘(西島秀俊)がケガ人を運び込んでくる。1人は中川の兄・光(赤井英和)、もう1人は中国人の孫(柏倉裕太)だった。希代は軍医の大竹英世(笑福亭鶴瓶)を説得して孫を治療するが、中国人を助けた事が病院の責任者・蔵原中佐(橋本さとし)にばれてしまう。その後、18カ月の任務を終えた希代はある決意を胸に一時帰国することになり…。

今から70年前、自らの信念で戦時召集状、いわゆる「赤紙」を受け取り、戦地に赴く女性たちがいた。第二次世界大戦中、「従軍看護婦」として3万5000人余りの女性たちが戦地に赴き、1120人が殉職。彼女たちは戦地で命を救う仕事に崇高な理想を持って男たちと肩を並べて働き、“女性の社会進出”の先駆け的存在でもあった。しかし敗戦の色が濃くなるにつれ、運命は大きく狂わされる。戦後も続く過酷な試練。逆境にあっても博愛の精神を持ち続け、生きることの尊さを信じ続けた女性たち。戦争で家族と別れ、人生を翻ろうされながらも、家族への愛を貫いた天野希代という1人の女性の生き様を、満州事変から第二次世界大戦、朝鮮戦争の時代にわたって描く。主演は松嶋菜々子。共演には西島秀俊、高梨臨、柴本幸、工藤阿須加、吉沢悠、笑福亭鶴瓶、山崎努ら演技派の役者が顔を揃える。

【キャスト】
松嶋菜々子、西島秀俊、高梨臨、柴本幸、工藤阿須加、須田邦裕、渡辺真起子、加藤虎ノ介、日笠圭、蔵下穂波、高村佳偉人、中村瑠輝人、市村涼風、原涼子、高田里穂、手塚真生、井上朋子、松岡璃奈子、山口景子、福吉真璃奈、安部智凛、今村有希、浦まゆ、中島ひろ子、浅茅陽子、橋本さとし、赤井英和、吉沢悠、笑福亭鶴瓶、山崎努
【スタッフ】
脚本:橋本裕志
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、藤井和史
監督・ディレクター:福澤克雄
挿入歌:「名も知らぬ花のように」Yae
制作:TBS

» ご希望の作品が見つからない場合