無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

借王<シャッキング> -銭の達人- 第6話

借王<シャッキング> -銭の達人- 第6話

【第6話】
 磯村とブルーダイヤの取引をする直前に、理恵が侠勇会に再び連れ去られてしまう。会長の徳井に仲間の水沼を呼び出すように脅された理恵は、仕方なく水沼に電話をかける。そして水沼は、理恵からのSOSの電話を受け、侠勇会が待ち受けるトンネルへと向かう。彼は警察手帳をかざし、理恵を逮捕しに来たという嘘をつきその場を逃れるが、侠勇会の面々は、またもや刑事が登場したことに疑問を抱き始め…。

刑事の水沼(寺島進)、水沼の妹で司法書士事務所に勤務する理恵(西田尚美)、メンタルクリニックを経営する精神科医・上条(堀部圭亮)。それぞれ2億円の借金を背負った3人(シャッキング)が手を組んで、返済の為に詐欺計画を実行していく。最初のターゲットは、社保庁と癒着して利益を上げてきた猪熊不動産。その会社には熱海に売れ残ってしまった土地があることがわかる。シャッキングたちは、罠を仕掛けるため、いかにも熱海の土地を買いそうな偽の老人ホーム会社を作る。そして社長の猪熊(相島一之)を巧妙な手口で焦らせ、小切手で買い取り、それを不渡りにして金は支払わず、熱海の土地は不動産ブローカーに売って金にしてしまおうと考えるのだが…。

【キャスト】
寺島進、西田尚美、堀部圭亮、吹越満、相島一之、田丸麻紀
【スタッフ】
監督:香月秀之
脚本:香月秀之

» ご希望の作品が見つからない場合