無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

借王<シャッキング>II -運命の報酬- 第4話

借王<シャッキング>II -運命の報酬- 第4話

【第4話】
 借金返済の新たなターゲットは、悪質な天下り官僚・磯村(大杉漣)に決まる。磯村は絵画の転売で大金を儲けていた。啓輔(中村俊介)たちは偽の「モナリザの絵」を磯村に3億円で売る計画を立てる。早速、啓輔は画商に扮して磯村に接触をはかる。磯村は啓輔の話を真に受け、5枚目の「モナリザの絵」の存在を信じ始める。一方、啓輔は優子(霧島れいか)と運命的な再会を果たすが、長山学園の立ち退き交渉をめぐって激しく衝突してしまう。

金融業社長の本郷啓輔(中村俊介)、啓輔から借金をしている証券アナリスト黒木美穂(本上まなみ)と元警視庁監察官のホームレス越川元宏(吹越満)。それぞれ多額の借金を背負った3人(シャッキング)が手を組んで、汚い手段でお金を稼ぐ悪人達から大金を奪う計画を実行していく。最初のターゲットは、粗悪な化粧品の販売で私腹を肥やす「プレミアム・ビューティ」社長津島五郎(佐野史郎)。美穂は歴史遺産収集が趣味の津島に「クレオパトラの棺」の話を持ちかけるが、その棺が本物と確認できる証拠を要求される。果たして、3人は疑い深い津島から大金を奪うことができるのか。

【キャスト】
中村俊介、本上まなみ、吹越満、霧島れいか、石橋蓮司
【スタッフ】
監督:香月秀之
脚本:香月秀之

» ご希望の作品が見つからない場合