無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

CO 移植コーディネーター 第3話

CO 移植コーディネーター 第3話

【第3話】
 国内初の15歳未満の事例に複雑な思いを抱きながら家族と面談する大野と倉本。激しく混乱している両親を気にかけ、じっくり家族で話し合って欲しいと提案する大野。健の体に不自然な骨折痕を発見した主治医の中道は、両親に虐待の可能性を探るが、激しく否定される。一方、現場検証を行っていた所轄刑事の榎本(豊原功補)は、竹ノ内医院長を訪ね、カルテの提示を求めるが、医学的見地から虐待は考えられないと拒否され、違和感を感じる。そんな中、竹ノ内総合病院の姉妹病院に入院中の海斗の病状は悪化し始め…。

2010年7月、改正臓器移植法が施行され、年齢に関係なく、本人の拒否がない限りは、家族の同意で臓器の提供ができることになりました。そんな中、注目をあつめているのが「移植コーディネーター」という仕事。このドラマは吉岡秀隆扮する移植コーディネーターが、法改正という変化の中で、様々な思惑に振り回されながらも、国内初の6歳の心臓移植を成功させるまでの物語です。 “子供の虐待問題”や “利権を狙う病院側の陰謀”など様々な問題が浮かび上がる臓器移植。この物語は、取材を元にフィクションで作られた、リアリティ溢れるスリリングな本格社会派ドラマであり、かけがえのない命に関わる人々の葛藤や闘いを描いた人間ドラマです。

【キャスト】
吉岡秀隆、ユースケ・サンタマリア
【スタッフ】
監督:塚原あゆ子
脚本:秦建日子

» ご希望の作品が見つからない場合