無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
あなた好みの作品を発見! 進化系 韓国&華流レコメンド
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ラスト・ゲーム〜最後に笑うのは誰だ?! 第2話

ラスト・ゲーム〜最後に笑うのは誰だ?! 第2話

あらすじ

クァク・フンサムがボスとして君臨するソウル駅を中心とした地下経済界は、ケンカさえ強ければ誰でも幹部になれるシステムで、そこのナンバー7である蛇目を倒したテホは、その日から組織のナンバー7となる。
ヘジンからソウル駅の地下経済について詳しく説明を聞いたテホは、地下経済界からのし上がる目標を立てる。
フンサムはホームレスたちを使って借金の取り立ての仕事もしているのだが、取り立ての途中テホたちはチョン社長の部下ともめることになり、ナンバー2のリュ・ジョングがチョン社長の部下を1発で倒してしまう。
のし上がるためにはケンカの技術を身に着ける必要があったテホは、ジョングにケンカを教えてほしいと頼む。
そんな中、以前からナンバー7の座を狙っていたオ頭は、テホにパーティー(フンサムが定めた対決)を申し込み、テホはオ頭と戦うことになる。
ナンバー4の毒蛇は、上納金の額を勝手に下げたテホを呼びつけて理由をたずねるのだが、テホはその場に集まったナンバー6、5、4に、必ず倒すと宣言する。

ストーリー

チャン・テホはパク・ミンスを誘って闇金などから大金をかき集め株価操作を計画するのだが、作戦が失敗し350億ウォンを失ってしまう。テホに大金を貸していた闇金融業者のチョン・マンチュル社長は、テホとミンスに責任を取らせるために2人を殺そうとするのだがテホだけが生き残る。テホは恋人のユン・ジョンミの家へ向かうのだがジョンミの周りにはすでにチョン社長の手下がいた。プロポーズの指輪を売って食いつないでいたテホは、自分が株価操作に利用した会社の情報を集めるのだが作戦に加担していた会社の社長は何者かに殺され、テホのお金は底をついてしまう。ホームレスになってしまったテホは、ソウル駅のホームレスのたまり場に行き、チャ・ヘジンと出会う。ヘジンに誘われて炊き出しに行ったテホは、列に割り込んだ蛇目(ペムヌン)に文句を言うのだが、ドクサはその一帯のホームレスたちを統べる男だった。飢えを我慢できず人が捨てた食べ物に手を伸ばそうとするテホの目に、誰かが落としたお金が入るのだが、そこにペムヌンが現れる。

2015年/韓国/JTBC/全16話/日本語字幕版
監督:チョ・ナムグク 脚本:ハン・ジフン
キャスト:ユン・ゲサン、イ・ボムス、ソ・イェジ、パク・イェジン

» ご希望の作品が見つからない場合