無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

星影の人−沖田総司・まぼろしの青春−(’15年雪組・博多座)

星影の人−沖田総司・まぼろしの青春−(’15年雪組・博多座)

1976年、汀夏子主演により雪組で初演され、2007年には同じく雪組の水夏希主演により再演した日本物の名作。幕末を駆け抜けた新選組・沖田総司の短くも激動の青春を、恋物語に焦点を当てて描く。幕末の京都。勤皇佐幕両派が争っていた時期、沖田総司(早霧せいな)は過激派浪士の取締りを使命とする新選組で一番隊組長の位置にあった。ある年の夏、祇園で刺客に襲われた沖田は、直後、にわか雨の中で芸妓・玉勇(咲妃みゆ)に出会う。壬生の新選組の屯所では、局長近藤勇(奏乃はると)、総長山南敬助(彩凪翔)ら幹部隊士が居並び、副長の土方歳三(華形ひかる)が新入隊士たちに隊の規則を厳しく申し渡していた。そこへ山崎丞(蓮城まこと)が桂小五郎(彩風咲奈)の居所を見つけたと駆けつける。沖田は祇園に向かうが、怪我を負っている桂にあえて剣を抜かなかった。桂を見送った沖田は玉勇と偶然に再会し、翌日会う約束をする。それが恋の始まりだった…。※著作権上の都合により、一部割愛致しております。

2015年/雪組/博多座/キャスト:早霧せいな、咲妃みゆ 他

» ご希望の作品が見つからない場合