無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ザ・ホワイトハウス シーズン2 第20話 転落の予感

ザ・ホワイトハウス シーズン2 第20話 転落の予感

あらすじ

早朝、CJは首席法律顧問バビッシュのオフィスへ呼び出され、過去に記者会見で大統領の健康状態についてウソを言ったことがあるかと、厳しく追及される。アビーは旅行の最中にレオからの電話でゾーイの健康診断書の件を知らされ、大統領本人からは何も聞いていなかったため、帰宅早々、夫婦間に険悪なムードが流れる。ジョシュは空港でジョーイと会い、大統領の病気を打ち明け、実名を伏せて世論調査を実施することは可能か相談する。

ストーリー

病院に運ばれたバートレット大統領はわき腹を撃たれていたが命に別状のないことが分かる。アビーは麻酔の担当医に、バートレットが多発性硬化症をわずらっていることを話し、「マスコミに話すかどうかはあなたの自由」と告げる。一方ジョシュは肺の損傷が激しく、危険な状態に陥る。薄れ行く意識の中でジョシュの記憶は、ホインズ上院議員のスタッフだった3年前に戻る。

2000年/アメリカ/全22話/日本語字幕版
製作総指揮:ジョン・ウェルズ,アーロン・ソーキン,トーマス・シュラム
脚本:アーロン・ソーキン
キャスト:マーティン・シーン,ロブ・ロウ,アリソン・ジャネイ,ジョン・スペンサー,リチャード・シフ,ブラッドリー・ウィットフォード,モイラ・ケリー,デュレ・ヒル,ストッカード・チャニング,ジャネル・モロニー

» ご希望の作品が見つからない場合