無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ムラマサ 十一ノ章 伽夢威

ムラマサ 十一ノ章 伽夢威

ストーリー/あらすじ

ムラマサ「沓黄泉(くつよみ)」を手にした葉月(濱田万葉)は、ムラマサ「黄龍(こうりゅう)」を持つ嶽堂(菅田 俊)に捕われた御霊を解放する為、嶽堂に襲いかかる。
その最中、「黄龍」と「沓黄泉」が重なり輝き出し、葉月の体を光が包み込み消え去ってしまう。
柳生十兵衛(竹内 力)たちもまた、嶽堂に立ち向かうが、「沓黄泉」の力で封を解かれ進化した「黄龍」を前に為す術もなかった。傷を負った十兵衛、風見(ERIKU)、楓(山中めぐみ)は嶽堂を避けるため爾来石(じらいせき)の洞窟へ逃げ込む。しかし、嶽堂に入り口を破壊され脱出することが出来なくなってしまうのであった。
一方、360年の過去では、「黄龍」を手に林を急ぐカエデの前に、ムラマサ「伽夢威(かむい)」を持った小源太(本宮泰風)が現れる。
カエデは伽夢威の術を受け、黄龍を奪われる。
その事を知った剣吾(竹内 力)たちは、カエデを救うために、平群の里へ向う。
そして楓牙(松山鷹志)もまた、黄龍を求め平群の里へ向っていくのであった…

2006年/日本/78分
監督:松井昇
脚本:松井昇
キャスト:竹内力、山口祥行、本宮泰風、松山鷹志、ERIKU、山中めぐみ、中山弟吾朗、中野裕斗、大久保貴光、アンドレ、濱田万葉、菅田俊

» ご希望の作品が見つからない場合