無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

希望ヶ丘の人びと 第4話

希望ヶ丘の人びと 第4話

【第4話】チヨ(岩本多代)が体調不良となったとき、たまたまそばにいた亮太は、母の死を思い出してしまい、激しく落ち込む。また、そんな時に永ちゃん(寺脇康文)のお店で希望ヶ丘の面々と飲んでいて、連絡が取れなかった田島に対し、美嘉は嫌悪感を抱く。家族のために頑張れば頑張るほど空回りしてしまう田島は、吉岡(やついいちろう)や永ちゃんのアドバイスを受け、子どもたち2人を連れて、ある場所に向かうが……。

東京都内に住む田島(沢村一樹)は、妻・圭子(和久井映見)と、この春で中学2年生になる美嘉(桜田ひより)、小学3年生になる亮太(二宮慶多)とともに、幸せな日々を送っていた。しかしある日、圭子の体に末期がんが見つかる。圭子は家族に見守られながら、わずか3カ月でこの世を去ってしまう。家族の太陽だった妻を失い、心にぽっかり穴があいてしまった田島家は、これまでと変わらない日常を過ごそうと無理して笑顔を作っていた。しかし田島は、“忘れようとしたって、無理なんだ”と気付く。 そこで、圭子が育った町である「希望ヶ丘」に行き、圭子の思い出をたどって生きていこうと子どもたちに提案する。田島はそこで偶然、圭子の同級生、藤村香織(伊藤かずえ)に会い、今は空き家となっている圭子の旧家に足を運ぶ。思わず「ここに住まないか?」と言い出す田島に、子どもたちも賛同。こうして田島家は希望ヶ丘での新生活を始めるのだが…。

キャスト:沢村一樹、和久井映見、桜田ひより、二宮慶多、伊藤かずえ、六角精児、宮川一朗太、中島ひろ子、やついいちろう、岩本多代、平泉成、寺脇康文
脚本:岡田惠和
監督:深川栄洋

» ご希望の作品が見つからない場合