無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

探偵が早すぎる #4

探偵が早すぎる  #4

【#4】
一華(広瀬アリス)は母親の死に大陀羅一族が関わっているのではないかと疑い始める。そのことを察知し、鋭い眼光の橋田(水野美紀)。一華の命を狙う次なる刺客は、大陀羅一族の中でも随一の天才・貴人。一族に対して嫌悪感を抱くはみ出し者の天才が、考え出した恐るべき完全犯罪のトリックとは――!?

金田一耕助、明智小五郎、コロンボ、シャーロック・ホームズ……
古今東西、名探偵や敏腕刑事は皆、“起きた”事件を推理し、犯人を突き止めてきた――が、しかし、探偵・千曲川光は・・・誰も死なせない!事件を起こさせない!そう、まさに犯罪防御率100%!!

ほんの些細な“違和感”や“ミス”を察知し、犯人を先回り!犯人が仕掛けたトリックを解き明かし、阻止してしまう――さらに!目には目を、トリックにはトリックを…犯人を返り討ちにする秘技・トリック返し!!
“やられる前に、やり返す!”史上最速!早すぎる探偵

今回の依頼は、父親の遺産を突如相続することになった美女・一華を守ること
その額、なんと5兆円!
莫大な遺産を奪おうと、あの手この手で暗殺を仕掛けてくるのは一華の父親の兄弟姉妹たちである大陀羅一族
最初に殺した者が遺産を総取りする“争殺戦”を繰り広げるこの一族は、いったい何者なのか!?

魑魅魍魎とした悪党たちが狙うのは、完全犯罪
緻密に練られた奇想天外な殺害トリックで一華を襲うが――探偵が、未然に阻止!「ちょっと、ちゃんと働きなさいよ!」仕事ぶりが早すぎて、美女は守られていることすら全く気が付かない……
平穏な日常を送る彼女は、探偵の凄さを知る日は来るのか!?
今までにない“新しすぎる”探偵が大活躍の痛快コメディ・ミステリー

キャスト:滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀
脚本:宇田学
原作:井上真偽 『探偵が早すぎる』(講談社タイガ刊) 
演出:湯浅弘章 
チーフプロデューサー:前西和成(読売テレビ) 
プロデューサー:中山喬詞(読売テレビ)白石裕菜(ホリプロ)河野美里(ホリプロ) 
制作協力:ホリプロ 
制作著作:読売テレビ

» ご希望の作品が見つからない場合