無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

あかねさす紫の花(’02年花組・博多座)

あかねさす紫の花(’02年花組・博多座)

76年に花組、’77年と’95年に雪組で上演された万葉ロマン・シリーズの傑作の’02年の花組公演。後に天智天皇となる中大兄皇子(春野寿美礼)とその弟・大海人皇子(瀬奈じゅん)、この二人に愛され、最初は弟・大海人皇子、後に兄・中大兄皇子の妃となる額田女王(大鳥れい)の運命を描く。帝に献上する鏡作部の長・鏡王(かがみのみこ)には鏡女王、額田女王という二人の美しく聡明な娘があり、皇太子・中大兄皇子は姉・鏡を見初め、大海人皇子は妹の額田と愛し合う仲だった。やがて中大兄皇子は、大和朝廷を覆す動きを見せる蘇我氏を中臣鎌足らとともに粛正し、大化改新を行う。優しい性格の大海人皇子は、敏腕を振るう兄を尊敬し、常に従順だったが、数年後ますます美しくなった額田女王を中大兄皇子は弟から取りあげ、強引に自分の妃としてしまう。

2002年/花組/博多座/キャスト:春野寿美礼、大鳥れい、瀬奈じゅん

» ご希望の作品が見つからない場合