無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

アート・オブ・モア 美と欲望の果て シーズン1 第9話 インタビュー

アート・オブ・モア 美と欲望の果て シーズン1 第9話 インタビュー

あらすじ

ブルックナーは州知事選への出馬宣言をするが、その直後、様々なスキャンダルが発覚してしまう。ロクサーナはリチャードにもう1枚贋作を作ろうと持ちかけられる。即刻拒否するがリチャードは諦めない。危険を感じたロクサーナはグレアムに協力を求めるが…。エリザベスは、ブルックナーの件で奔走するグレアムに協力するが、相変わらず謎の多いグレアムに不安を感じる。デグラーフ社は、ブルックナーのスキャンダルを引き抜きのチャンスと捉え、マイルズがブルックナーに接触することになる。アッシュは年末には引退して、マイルズを後任にすると言う。怒ったロクサーナはマイルズの邪魔をしようとするが、マイルズにも反撃されることになる。

ストーリー

元軍人のグレアム・コナーがアートへの情熱とイラクでの軍人時代に知り合った古美術品の密輸組織との縁を生かしながら、一流オークションハウスのエリートへとのし上がっていく。金と権力が武器の不動産王、威圧的でありながら憎めないサミュエル・ブルックナーや敵対する2大オークションハウスの一方のCEOの娘で、営業担当のロクサーナ・ホイットマンなど、エキセントリックな富豪たちを相手にグレアムは策略を巡らせる。美しく華やかな世界の水面下では恐ろしい陰謀が潜み、敵の失敗を待ち構えている。密輸業者や悪徳ディーラー、野心に満ちたエリートにエキセントリックな収集家たちが横行する世界で、グレアムは、苦労して手に入れた新たなキャリアのみならず命までをも脅かす自身の過去を葬ろうと奔走する。

2015年/アメリカ/全10話/日本語字幕版
製作総指揮:タマラ・チェストナ,ゲイリー・フレダー,ローレンス・マーク,チャック・ローズ,ガードナー・スターン
キャスト:クリスチャン・クック,デニス・クエイド,ケイト・ボスワース,ケイリー・エルウィス,パトリック・サボンギ

» ご希望の作品が見つからない場合