無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

日テレオンデマンド「マジムリ学園 #5」

日テレオンデマンド「マジムリ学園 #5」

【#5】
ツバキ (盒矯眠察 とアヤメ (山内瑞葵) もメンバーに加わり【華組】は強力な自衛集団に成長していった。【華組】は充実した学園生活を送るために新しい生徒会を作ることを決意し、ラマン (横山由依) に顧問になってほしいと依頼する。顧問になることを躊躇するラマンは、少し前に休部になった【写真部】へ入ることを提案する。誰も使っていない【写真部】の部室には「革命を起こそうとする同志諸君へ」と書かれたファイルがあり、嵐ヶ丘学園を変えたいと思う人たちが、過去にもいたことを知る。【華組】は、ファイルに書かれていた「革命決起集会」を行おうとするが、その情報が生徒会に漏れてしまう。ある日、元親衛隊の狂犬ジャック (廣瀬智紀) にスミレ (倉野尾成美) が刺される事件が起こり…。

<私立嵐ヶ丘学園>には厳しいヒエラルキーがあり、トップは生徒会長、その下に生徒会メンバー、親衛隊と呼ばれる実行部隊が組織され、彼らは「選民」、それ以外は「平民」と呼ばれた。生徒会長・カイザーは圧倒的な力で学園を支配し、平民に命令を下す。『上を見るな、下を見ろ。あなた方が上を見ても、届かない空が広がっているだけです。それは不幸です。』平民は下を見ることも、校門で通行税を納めることも当たり前だと生きてきた。謎の転校生・リリィーが現れるまではー。リリィーは生徒会の命令に従わず我が道を進んでいく。触発されたヒナ、バラ、スミレは「リリィーとならマジで学校、変えられるかもしれない」と華組を結成する。しかし、華組の前には史上最強の男たちが立ちはだかりー。これは、どこにでもある小さな世界の革命の物語。

キャスト:小栗有以、岡部麟、本間日陽、荻野由佳、加藤美南、瀧野由美子、横山由依、小柳友、廣瀬智紀、でんでん
脚本:丸尾丸一郎
企画・原作:秋元 康 
制作:市川浩崇 
企画プロデュース:植野浩之 
総監督:佐藤東弥 
プロデューサー:佐藤俊之、佐藤東弥、山王丸和恵、田中咲紀、堀尾星矢 
音楽:牧戸太郎 
制作プロダクション:イメージフィールド 
企画制作:日本テレビ 
製作著作:「マジムリ学園」製作委員会

» ご希望の作品が見つからない場合