無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

楽園 最終話

楽園 最終話

【#6】
警察の捜査の手が明夫に及び、家宅捜索が行なわれている最中、明夫は近所の小学生・昌子(田牧そら)を連れ去ってしまう。誠子は、明夫について知っていることがあるなら警察に話してほしい、と元・向子に頭を下げる。滋子は、明夫がなぜこれまで誠子に手を出さなかったのかに考えを巡らせ、ある可能性に思い当たる。なぜ、火事のあった夜に土井崎夫妻は罪を告白したのか。そして、2人がどうしても隠し通したかった秘密とは―。

当時15歳の娘を殺害し、遺体を自宅の床下に16年間隠していた土井崎夫妻(小林薫・松田美由紀)の事件がニュースを騒がせていたある日、ライターの前畑滋子(仲間由紀恵)のもとに、主婦の萩谷敏子(西田尚美)が訪ねてくる。敏子は、10歳の息子・等に“他人の記憶が見える”特殊能力があるかもしれないと前置きし、等が描いた絵を差し出す。そこには風向計が特徴的な家の中で横たわる、灰色の顔をした少女が描かれており、土井崎夫妻の事件に酷似していた。滋子は半信半疑で調査を引き受けるが等は交通事故で亡くなってしまう。一方、土井崎夫妻の次女・誠子(夏帆)は、父の代理弁護士・高橋治美(黒木瞳)から両親が誠子と縁を切ろうとしていると聞かされ戸惑う。ばらばらに思える事件はやがて1つの“真実”へ。滋子の奮闘が今始まる!

キャスト:仲間由紀恵、黒木瞳、夏帆、金子ノブアキ、松田美由紀、石坂浩二、小林薫
脚本:篠絵里子
監督:権野元

» ご希望の作品が見つからない場合