無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

アキラとあきら 第6話

アキラとあきら 第6話

【#6】
階堂一磨が病に伏し、東海郵船は次期社長を誰にするかに決められずにいた。晋と崇は、彬の弟・龍馬(賀来賢人)を社長に据えて、自分たちの意のままにしようと画策する。その頃、彬は一磨の病室を訪ねていた。そこで一磨は彬にある強い思いを伝える。一方、静岡支店にいる山崎瑛のもとに幼少の頃に別れた保原(木下隆行)から連絡が入る。

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート、階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。2人はそれぞれの力で人生を切り開き、同じ産業中央銀行に入行した。実は2人の人生はこれまでにも交差していた。しかし、2人はまだその事実に気付いていない。良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、苦難を乗り越えていく2人。そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が2人に降り掛かる…。

キャスト:向井理、斎藤工、小泉孝太郎、田中麗奈、賀来賢人、木下ほうか、堀部圭亮、松重豊、瀧本美織、永島敏行、上川隆也、尾美としのり、石丸幹二
脚本:前川洋一
監督:水谷俊之、鈴木浩介

» ご希望の作品が見つからない場合