無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
あなた好みの作品を発見! 進化系 韓国&華流レコメンド
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜 第16話(最終話)

マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜 第16話(最終話)

あらすじ

ジアンは自首するため、ユニとともに警察署に出向く。同じくジュニョンも取り調べを受けるが、全てはジアンが勝手にやったことで自分は脅されただけだとシラを切る。ジアンは、自分の手元の盗聴ファイルを削除してしまったため、不利な状況になる。そんな中、ジアンの祖母が亡くなる。寂しい葬儀場を見たサンフンは、自分のへそくりから供花を出し、多くの弔問客を集める。その頃ジュニョンは、盗聴ファイルの元データの所在を探っていた。

ストーリー

建設会社で働くドンフン(イ・ソンギュン)に、ある日、差出人不明の5000万ウォンの商品券が届く。直前に母から、無職の長男のために、家を売って食堂をやらせたいと相談されたドンフンは、それを受け取ってしまう。翌日、ドンフンは匿名の告発を受けた監査部から調査を受けることに。しかし、商品券は彼の机からこつ然と消えており、ドンフンは答えに窮する。すると、突如商品券がビルのゴミ置き場から見つかる。ドンフンは「5000万の商品券を捨てた男」として社内で英雄扱いされることに。商品券を捨てたのは契約社員のイ・ジアン(IU/アイユー)だと知ったドンフンは、自分が捨てたことにしてほしいと彼女に頼む。すると、ジアンから交換条件として1ヶ月間食事をおごってほしいと言われてしまう。実は、ジアンは、ドンフンの妻ユニ(イ・ジア)と不倫関係にある社長ト・ジュニョン(キム・ヨンミン)からお金をもらうため、ドンフンを陥れようとしていた。そうとは知らないドンフンは、ジアンに関わるうちに彼女が多額の借金を抱えていることや、孤独な人生を歩んできたことを知り、少しずつジアンを助けるようになる。そんなドンフンの優しさに触れるたびに、ジアンの心は少しずつ揺らぎはじめ…。

2018年/韓国/全16話/KBS/日本語字幕版
監督:キム・ウォンソク 脚本:パク・ヘヨン
キャスト:イ・ソンギュン、IU、イ・ジア、キム・ヨンミン

» ご希望の作品が見つからない場合