無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

王妃の館−Chateau de la Reine−(’17年宙組・東京・千秋楽)

王妃の館−Chateau de la Reine−(’17年宙組・東京・千秋楽)

ルイ14世が残した「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、個性豊かな登場人物が織りなす人間模様をコミカルに描いた、浅田次郎氏の小説「王妃の館」の初のミュージカル化。パリ、マレ地区に佇む「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の館)は、ルイ14世が城主と言われ、今では一見客の宿泊を許さぬ高級ホテルとして知られている。だが、実際は深刻な経営難に陥っていた。そこに目を付けた旅行社の社長兼敏腕ツアーコンダクターの桜井玲子(実咲)は、ホテルとタッグを組み、高額の“光”ツアーと格安の“影”ツアーを企画し、それぞれのツアー客に昼夜を入れ替えて同じ客室を利用させるという奇策に打って出る。しかし、集まったツアー客は一筋縄ではいかない曲者ばかりだった。その中には、恋愛小説の鬼才と謳われる小説家の北白川右京(朝夏)がいた。ルイ14世を主人公にした宮廷ロマンの新作を執筆中の彼は、スランプを打開すべく取材旅行にやって来たのだが、伝説の「王妃の館」に宿泊するには、このツアーに参加するしか方法がなかったのだ。しかし、団体行動を取らず別行動をしては、怜子に再三注意を受けていた。部屋に籠り執筆する北白川の前に、突然、ルイ14世(真風)の亡霊が絵画から抜け出すように現れる…。※著作権上の都合により、一部割愛致しております。

2017年/宙組/東京宝塚劇場/キャスト:朝夏まなと、実咲凜音、真風涼帆

» ご希望の作品が見つからない場合