無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

エンテベ空港の7日間

エンテベ空港の7日間

ストーリー/あらすじ

1976年6月27日。テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が、4人のハイジャック犯に乗っ取られた。犯人のうち2名はパレスチナ解放人民戦線のパレスチナ人メンバー。残り2名は革命を志すドイツ左翼急進派メンバー、ボーゼ(ダニエル・ブリュール)とブリギッテ(ロザムンド・パイク)だった。その後、ハイジャック機は、ウガンダのエンテベ空港に着陸。犯人たちは500万ドルと、世界各地に収監されている50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求する。多数の自国民を人質にとられたイスラエルのラビン首相(リオル・アシュケナージ )は、交渉の道を探りつつも態度を保留。テロリストとの交渉に反対するペレス国防大臣(エディ・マーサン)は、士官らと秘密裏に人質奪還計画を練っていく……。

» ご希望の作品が見つからない場合