無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

覇者の掟 第五章

覇者の掟  第五章

ストーリー/あらすじ

関西の明石組との緊張状態が続く中、竜仁会若頭補佐の東堂憲伸(白竜)は、兄弟分である京浜連合本部長・桜井真三(川野太郎)に接触―。それは、京浜連合が明石組に近く傘下入りするとの情報を得たからであった。桜井は、京浜連合内で話はその方向で進んでいるが、桜井自身は傘下に入る気はなく、「総長の腹積り次第である」と東堂に告げる。その最中、竜仁会若頭の三好隆治(肥後克広)が脳溢血で緊急入院となり、一時的に若頭補佐の木嶋紀文(伊吹剛)を若頭とする新体制が編成された。しかしその一方で、二代目山際組組長・山際幸太郎(阿部亮平)は、若衆同士の喧嘩が火種となり、弘和会とのトラブルに直面することとなる―。

» ご希望の作品が見つからない場合