無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

日本極道戦争 第五章

日本極道戦争 第五章

ストーリー/あらすじ

剣友会解散を宣言した神征会三代目会長・矢島剛一(螢雪次朗)は会長代行だった牧田(吉田由一)と剣友会のシマを相馬組組長・相馬仁(小沢仁志)に預けることを宣言。阪神連合と黒田組の反発も虚しく、剣友会のシマは相馬組の傘下に入った。相馬を目の敵にする阪神連合の会長・張本(桑田昭彦)と若頭の村雨(赤井英和)は元神征会若頭・酒井(リー村山)と策を立て、相馬の追っている女・片嶋綾子をエサに青森へと誘いだした。そして、青森では八鬼会の鬼柾文司(成瀬正孝)と安藤譲治(小沢和義)が相馬を待ち受けていた。

» ご希望の作品が見つからない場合