無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

テレ朝動画「BG 〜身辺警護人〜(2020) #6」

テレ朝動画「BG 〜身辺警護人〜(2020) #6」

【#6】
島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。

「日ノ出警備保障」を買収した大会社の“利益優先”方針に疑問を感じた島崎章(木村拓哉)が、警備の基本でもある「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を飛び出すことに! そんな中、「日ノ出警備保障」時代からの仲間・高梨雅也(斎藤工)は、章が辞めた本当の理由を聞きだすため、章のもとにやってきます。そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ…!?
組織という枠組みから抜け出し、私設ボディーガードとなった章は“個人”として何を考え、どうクライアントを護っていくのか――。独立した章たちを敵視する組織とのせめぎ合い、そんな組織に残ることを選択した仲間・菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)との関係性を縦軸に、各クライアントとの一対一の人間関係をじっくりとドラマチックに描いていく。

キャスト:木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、市川実日子、勝村政信、仲村トオル
脚本:井上由美子
音楽:盡優 
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日) 
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日) 
プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日) 秋山貴人(テレビ朝日) 浜田壮瑛(テレビ朝日) 山本喜彦(MMJ) 田上リサ(MMJ) 監督:常廣丈太(テレビ朝日) 七盥筺
制作協力:MMJ 
制作著作:テレビ朝日

» ご希望の作品が見つからない場合