無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

テレビ東京オンデマンド「僕はどこから #6」

テレビ東京オンデマンド「僕はどこから #6」

【#6】
替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない・・・藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。車に乗っていたのは情報屋の山田龍一(高橋努)、山田の弟分・駿(岡崎体育)、そして――!そんなことにも気づかずに歩いていた薫は、自宅近くで、車の中から見知らぬ男に声を掛けられる。「立ち話はなんだから乗りなさい」・・・声の主は東宮寺だ。その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み・・・。

文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。認知症を患う母を介護しながら、自分の夢と現実にもがく薫の所に元同級生の若きヤクザの組長・藤原智美が現れる。彼が報酬と共に提示したのは、替え玉受験の仕事。人生に追い詰められた薫が、智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がる――!!

キャスト:中島裕翔、間宮祥太朗、上白石萌歌、音尾琢真、高橋努、岡崎体育、神保悟志、仙道敦子
脚本:高橋泉
原作:市川マサ『僕はどこから』全4巻 ヤンマガKC(『A−BOUT!』『バカビリーバー』など)※講談社「ヤングマガジン」にて2018年6月から11月まで掲載 
監督:瀧悠輔 、熊坂出、大内隆弘 
主題歌:Hey! Say! JUMP 「I am」(ジェイ・ストーム) 
チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京) 
プロデューサー:戸石紀子(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)川西巧久(ドラマデザイン社) 
協力プロデューサー:都志修平(ジェイ・ストーム) 
制作:テレビ東京 / ジェイ・ストーム / ドラマデザイン社 
製作著作:「僕はどこから」製作委員会

» ご希望の作品が見つからない場合