無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜 第30話 命懸けの出産

如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜 第30話 命懸けの出産

あらすじ

妃嬪の位を剥奪されたアジャクは冷宮に送られるも、首を吊(つ)って自ら命を絶つ。同じ頃、皇子を出産した海貴人は、出血が止まらず昏睡状態に陥ってしまう。駆けつけた斉侍医(せいじい)のおかげで事なきを得たが、如懿は海貴人を狙った誰かが罠(わな)を仕組んだように感じていた。数日後、宮中ではアジャクが火葬される際に奇妙な現象が起きたという噂が広まる。そしてアジャクの三十五日忌にあたる晩、如懿の寝殿では鬼火が現れたという。それを聞いた慧貴妃(けいきひ)は…。

ストーリー

1735年、清の乾隆(けんりゅう)帝が即位すると、彼と幼い頃から愛を育んできた側室の如懿(にょい)は妃(ひ)に封じられる。だが如懿は、叔母と対立関係にあった皇太后や、皇帝の寵愛を巡る皇后、妃嬪たちの権力争いに巻き込まれるように。乾隆帝はそんな彼女を守り、如懿も持ち前の知恵を発揮し2人で支え合いながら困難を乗り越えていく。そんな中、立て続けに皇子が殺害される事件が発生! 如懿は濡れ衣を着せられて冷宮送りにされてしまうが…。次々と仕掛けられる罠と陰謀渦巻く宮中で、乾隆帝の愛に支えられ如懿はついに皇后の地位に上り詰める。しかし、そんな2人の愛にいつしか暗雲が立ち込めていき−?

2018年/中国/全87話/日本語字幕版
監督:ワン・ジュン 脚本:リュウ・リエンズー
キャスト:ジョウ・シュン、ウォレス・フォ、チャン・チュンニン、ドン・ジエ

» ご希望の作品が見つからない場合